ポルシェ 岡山

 

GWから2週間ほど経ちますが、皆さまいかがお過ごしですか?

お久しぶりです。5月も半分が過ぎ、陽射しが強く、暑くなり始め、季節が変わろうとしております。時間は流れるそうですが、今工場内は”クラシックカー”と呼ばれる70年代、80年代、90年代初頭の車が、整備入庫の半分を占めています。ですがやはり巷ではポルシェの”新しい”モデルが注目を浴びているようです。

昨年末に東京でも披露された、ポルシェの5番目のモデルになるマカン(インドネシア語でトラという意味です)は、カイエンより一回りコンパクトなSUVで、カイエンが登場した時ほどの”あのポルシェがSUV????”というようなインパクトはありませんが、そのカイエンの成功からの期待感と色々なメディアでの評判の高さから、注目度は今までのポルシェの中では群を抜いて1番です!!

カイエンほど重くなく、ボクスター、ケイマンより利便性があり、パナメーラや911より経済的・・・・・・・・・・・・・良く言うと・・・・・・・・・・・・・・・カイエンよりスポーティで、ボクスター、ケイマンより室内が快適で、パナメーラや911より安い!!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そして何よりスタイリッシュでカッコいい・・・

イギリスではもうすでに販売が始まっており、ヨーロッパでは走り始めているマカンですが、日本では、この秋ごろの予定で、すでに受注も順調に入ってきています。

実際の車が来るまでは、まだまだ言葉だけのことですが、それ以上の期待で僕自身、車が来るのがすごく楽しみです。仕事での役得?ではないですが、夏ごろには、マカンを実際に乗ることができると思うとワクワクします。その時には、マカンの感想をお伝えできると思いますので、楽しみにしていてください。

では、またの機会にブログを書きたいと思います。  失礼します。