ポルシェ 岡山

 

最近は、夏日が続いていますが、いかがお過ごしですか? ポルシェセンター岡山の歴舎です。今回ご紹介させてもらう商品は、マカン/マカンS用スポーツデザインパッケージです。以前も紹介しましたが、今回ショールームにマカンGTSがデモカーとして、入荷しました。GTSとマカンSを比べてマカンSをGTSのようにするにはどうすればいいか作ってみました。

まずは、諸元ですが、3.0リッターエンジンは一緒です。マカンSの出力が350ps/5500~6500rpm、トルクが460Nm、最高速度254km/h、0-100km/hが5.4秒です。十分なスペックですね。対するマカンGTSですが、出力が360ps/6000rpm、トルクが500Nm、最高速度256km/h、0-100km/hが5.2秒。少しGTSが良いですね、でもほとんど違いはないです。やはり一番大きな違いはついている装備になってきます。

まず見た目では、ホイールですね。マットブラックの20インチ・スパイダーデザインホイールは印象的ですね。あとから取り付けとなると、スタッドレスタイヤとのセットで1,173,960円!!ホイールは高額なので、なかなか難しいですが、スタッドレスとのセットなので、スタッドレスタイヤを4本購入して、毎回付け替える事を考えるとけして高すぎる商品では無いです。またマットブラックは汚れも目立たないので、お手入れも楽です。

Macan_RS%20Sypder%20schwarz_huge

次に大きな違いがバンパーですね。フロント、リアのバンパーとリアのディフューザーはスポーツタイプの特徴ですが、GTSと同じデザインのものが、スポーツデザインパッケージとして商品があります。バンパーの形状が違うことで印象がガラッと変わります。フロントは左右のエアダクトグリルの2本のフィンの内、1本をボディーと同色にしており、バンパーから出すことによって、横に広がり流れるような印象にしてくれます。センターグリルは縦に少し狭まりよりワイドでシャープな印象を与えてくれます。フォグランプの形も違います。リアの大きな違いはディフューザーの部分になります。エアの流れを考えて設計されていて、よりデザインの細かい部分までこだわって作られています。あとから取り付ける場合、部品が354,240円になり、塗装を含めた工賃が抱いた270,000円ほどです。DSC_0918DSC_0910

DSC_0922DSC_0921

そしてもう1つ大きな違いが、エキゾーストシステムです。GTSの場合に標準で取り付けられるスポーツエキゾーストシステムです。マカンSはエンジンをかけた時の音がかっこ良いと評判ですが、その音をより重厚にしてくれる商品です。スイッチ一つで切り替えが可能なのもご存じの方も多いと思います。スポーツエキゾーストを取り付けて、テールパイプをブラックにすれば、マカンSとマカンGTSの違いは、エンブレムのみになります。スポーツエキゾーストシステムが大体470,124円で取り付け工賃が55,836円です。

これでマカンSをGTSとほぼ同じ仕様にできるので、是非マカンSに乗られている方は、検討してみてください。

今月末(5月31日)までですが、スポーツデザインパッケージスポーツエキゾーストシステムが特別価格となっております。スポーツデザインパッケージが、283,392円に工賃とその他で必要な部品となっており、スポーツエキゾーストシステムが、367,200円に工賃とその他部品となっております。

マカンSとマカンGTSはともに弊社ショールームにございますので、一度ご来店下さい。

それでは失礼いたします。