ポルシェ 岡山

 

お久ぶりです。お元気ですか? ポルシェセンター岡山の歴舎です。少し前になりますが、ニュースでル・マン耐久レースをしていました。日本のトヨタは惜しかったですね・・・・ゴール目前(残り3分ほど)でエンジントラブル、200km/h以上は走行不能になってしまい、それまで2位を走行していた我らポルシェが逆転優勝!!!!2年連続のル・マン優勝となりました。今回の大会は、手放しでは喜べません。トヨタは序盤から調子が良く、1位を走行していましたが、ル・マンの耐久レースの過酷さが、トヨタのマシンに襲いかかる結果となりました。来年には、しっかり仕上げてリベンジしてくることでしょう。
昨年は、ル・マン復帰2年目での1位、2位の1・2フィニッシュでしたね。昨年まで連勝を続けていたアウディを破り、今年はトヨタと熱戦を繰り広げました。そんなポルシェとル・マンの深い歴史をポルシェのアイテムで振り返ってみます。
 
ル・マンの歴史は古く1923年に記念すべき第1回目が開催されました。「世界3大耐久レース」、「世界3大レース」の1つに数えられる由緒あるレースで世界の耐久レースの車両規定やルールはル・マンに準じている物がほとんどです。ル・マンはフランスの中部にある街で、第1回目のレースの参加車は、ほとんどがフランスのメーカーでした。徐々に規模が大きくなり、戦後の1950年代のレースからはメーカーが車の宣伝のために参加し始めました。1951年にポルシェがル・マンに初参加しましたが、ベンツ、フェラーリ、フォードなど歴史のあるメーカーにはなかなか勝てない時が続きました。そして1970年、ポルシェ917Kが初めてル・マンで優勝をすると翌年も優勝の快挙を達成しました。
 
3ポルシェ917ザルツブルグTシャツ・・・WAP.700.00S.0G(Sサイズ) 価格: 7,344円(税込)

そして、1976年、1077年もポルシェ936で連覇、1978年は優勝を逃しましたが、1979年にポルシェ935K3 で優勝。80年代に入るとポルシェの連署が止まらないようになり、1988年にジャガーに優勝を取られるまで、7連勝を達成。90年代も98年の911GT1で優勝まで4度の優勝をして10年以上ル・マンのレースから離れましたが、おととし復帰し、昨年ポルシェ919で優勝、今年連覇になりました。

今年優勝を記念して、レーシングコレクションTシャツとレーシングコレクションドライバーズキャップ、モデルカー919ハイブリッドを特別価格で提供します。

5レーシングコレクションTシャツ・・・WAP.796.00S.0G 通常価格: 5,832円(税込) ⇒ 特別価格: 4,666円(税込) 919のイラストが真ん中にあり、肩の部分にスポンサーのロゴをあしらったモーターファンのための1枚です。



4レーシングコレクションドライバーズキャップ・・・WAP.800.002.0G.001 通常価格: 5,238円(税込) ⇒ 特別価格: 4,190円(税込) ポルシェのル・マンオフィシャルチームと同じデザインのドライバーキャップです。911



7モデルカー919ハイブリッド(1/43)・・・WAP.020.632.0H 通常価格: 12,852円(税込) ⇒ 特別価格: 10,282円(税込)



来年のル・マンはどうなるのでしょうか?楽しみですね。

は失礼します。     歴舎