ポルシェ 岡山

 

こんにちは、営業の森谷です!

ついに718Caymanがやってきました!


剛性感に満たされたクローズドボディは素晴らしいです。

そこで多分皆さんの気になっていることは一つ・・

水平対向4気筒・・フラット4・・ボクサー4・・4気筒ターボ・・

たとえるなら未知との遭遇・・(^_^;)

 

世の中にありふれている4気筒ですが、水平対向4気筒は孤高の存在です!

ボクサーエンジンの名前は、向かい合うピストンがボクシングのように打ち合うことに由来しています。

それにより、バランスして振動を打ち消し合っています。なので、気筒容積が大きいエンジン(600cc以上)でも、バランスシャフトを必要としません!

短いコンロッドは剛性が高く、なによりエンジン主機の重心は低く抑えられます。

制約がなければ、高剛性、低重心、コンパクトを具現化するのに最適だと思います。

デメリットは、ターボや排気のレイアウトが難しい(等長等爆にすると管長が長くレスポンスに劣る)

なので野太い不等長の独特な排気音になります!

あと、部品点数が多くなる(ある意味贅沢です!)

 

6発は回転フィールと高回転のパンチを楽しむエンジンで、4発ターボは瞬発力と加速を楽しむエンジン。

それによって、車のキャラクターが全く違って感じられます!

乗り方も違ってくるハズ!

 

ぜひご試乗してみて下さい!

食べず嫌いな方も、そうでない方も!!

1482143322606

(写真は我が家の某水平対向エンジンです)